So-net無料ブログ作成
検索選択

リーグ戦 第21節 横浜Fマリノス戦(アウェイ) [アルビレックス新潟]

      3 - 0   アルビ


 サポ仲間が既に待機列の場所を確保してくれたのをいいことに、予定出発時間を1時間も遅れて日産スタジアムへ。
がしかし最寄駅直前まで来たときに、チケットを持っていないことに気がつき慌ててきた道を引き返す。
電車に乗る前でよかったものの、チケットを忘れるなんて無意識に数時間後のことがわかっていたのだろうか・・・。

 そんな出だしのドタバタとは反対に電車の乗り継ぎは順調といえるほど順調で、最寄駅で検索した時間よりも早く新横浜駅に到着。
途中菊名駅にて乗り換え時間が少ししかなく、慌てて横浜線のホームに[ダッシュ(走り出すさま)]
電車が入線するのと同じくらいに着きホッとしつつ奥へ行こうとしたら、突然呼び止められる声が。
振り向くとサポ仲間のご一家。
まさかこんなところで遭遇するとは!
ご両親とは久々にお会いしたのですが、お元気そうでなりより。(浦和戦も参戦かしら??)

 肝心な試合は・・・
私が座っていた席は後ろから風がきて、少しは涼しく感じられたものの、ピッチを見ると無風っぽくてかなり蒸し暑そう。
そんななか最初の15分くらいまではうまくボールを回せていたのだけれど、ゴールには結びつかず。
そうこうしている内にマリノスさんがなれてきたのか、流れは完全にあちらさん。
ゴール裏から見ていると、なんだか簡単に前を向かれている気がしてならなかった。
そうなってしまうと個の力があるマリノス相手じゃ、厳しいよ。
 後半早々、ちょっと席を離れた隙になんだか場内が騒がしい。
アルビがゴールしたわりにはチャント歌い続けてるし、マリノスがゴールしたわりには喜び爆発が小さいから、マリノスが絶好のチャンスだったのかな??って思っていたら場内アナウンスがありマリノスが先制したとか。
まったくその場面を見ていないから(もちろんスポーツニュースなんて見ませんわ!!)なんともいえないのだけれど、失点した時間帯がねぇ。
 こうなってしまうとやっぱり厳しいというのを実感した試合となったわけだけれども、ポジティブに考えれば選手にとってはいいカンフル剤になっただろうし、サポにとってももっともっと応援しなくちゃっていう気持ちになれたのではないかなと。
どう考えてもこの試合一番勝ちたかったのは選手だろうし、負けて一番悔しかったのも選手。
次のガンバ戦まで2週間も準備期間がある。(天皇杯もあるけれど)
この悔しさを糧に、どんなアルビになってくれるか楽しみだ。

 試合終了後、去年はKOされた中華屋にリベンジ。
去年の学習も踏まえ、適度な注文数にこちらはリベンジ成功。
やっぱり大人数で食べる中華はおいしい♪

 さて試合前私の近くに座っていた方々が語っていたこと。
ピッチ上にあるスポンサー看板の裏面が白紙について。(その他のことも話していたけど忘れちゃった)
アルビじゃ考えられない風景。
やっぱり首都圏のチームはサポーターに宣伝しなくても広告収入はガッポリ入るんだろうねぇと。
きっとあのスポンサー看板料ひとつにしてもアルビのそれとは金額が違うんだろうな。
まっ他チームのことをどうこう言ってもしかたない。でも日産スタジアムは見づらいよな~。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。